来年の手帳が、気になる季節。

スマホでスケジュール管理も可能な時代に、だんだん手帳の存在感が減るのかと思えば、そんなこともなく、やっぱり手帳も有用ですね。

来年の手帳探しで、手帳売り場を見るのも、この時期の楽しみです。
高槻阪急の紀伊国屋書店で、こんな催しがあります。

紀伊國屋書店高槻阪急店 相談無料,予約不要

B5jis【伊藤手帳】12月1日実演販売会チラシ_page-0001

 *こだわりページ

このセパレートダイアリーという聞き慣れない名が気になって見てみると、手帳の上下を2つに切って、月間・週間・日別などの組み合わせを選べるというアイデアを商品化したものでした。
3タイプの組み合わせで、パッと一覧できる。

昔は手帳ってそんなに種類が豊富ではなく、能率手帳とかブルーダイアリーというような定番の手帳と、あとは表紙の好みと、微妙な紙質の違い程度だったと思いますが、今はレイアウト・紙質・表紙など、あらゆる要素が工夫されて、個性的なキャラクターやグラフィック的に美しいものが増えているから、楽しい発見があります。

良い手帳を選んで、楽しく一年の友とし、思い出にしたいなと思います。